脂肪の吸収を抑える・・・

脂肪はいらないよ?(ダイエット・簡単ダイエット)

リバウンドしないために

ダイエットの際、リバウンドしないために一体どのようなことに気を付けたらよいのでしょうか。
その事についてこのページでは学んでいきたいと思います。

リバウンドとは、恒常性の逆襲

「リバウンド」という言葉はもともと、ボールがどこかに当たって反動で跳ね返ったりすることを表現する言葉ですよね。で、ダイエットでリバウンドと言えば一度減った体重が跳ね返るようにまた増加する、つまりせっかく痩せたにも関わらず短期間で元の体重まで戻ってしまったり、ひどい場合には前よりも太ってしまったりするわけです。

実はこのリバウンド、「恒常性」という体の機能によって起こっているのです。
人間の体には、一定の体温や水分、エネルギー量などを保っていないと生きていることが出来ません。だから体温が下がり始めれば「寒い」と感じて厚着しようとするし、体内の水分が減ってくれば「のどが渇いた」と感じて厚着を、運動してエネルギーを使えばお腹が空いて物を食べたくなったりしますよね。

これらの体の状態を一定に保とうとする働きが恒常性です。

ダイエットをする事で体重が急激に減ると、この恒常性が「まずい!急に体重が減ってる!今度栄養が入ってきたら急いで元に戻そう。」と勝手に決心するわけです。小さな気遣い大きなお世話ですよね。
その結果、急に食欲が増したり、いつも通りの食事をしていても、体が栄養をより多く吸収することで体重が急激に増える現象、即ちリバウンドが起こります。

急に痩せればリバウンドも激しい

地面にボールを落とす時、勢いよく落としたほうが跳ね返る力が強くなりますよね。
実は人間の体にも同じ事が言えるんです。

急激に痩せれば、それだけ恒常性が急激な変化に危機感を感じることになるので、激しいリバウンドが起こる可能性が高くなります。

それでは、リバウンドを止めるにはどうしたら良いのでしょうか?

さっきのボールの話を思い出してください。速いスピードで落としたボールが高く跳ね上がるなら、ゆっくり地面に置いてやればいい、つまり、リバウンドを止めるには、ゆっくり痩せれば良いわけです。

減らす体重の目安としては1ヶ月に 総体重の3~5%くらいが良いでしょう。例えば体重70kgの人の場合、2~3.5kgくらい痩せるのが丁度よいペースということになります。ただし、あくまで目安ですので個人差もあるということは憶えておいて下さい。

基礎代謝の維持が大切

一度痩せた体が元に戻らないようにするためには、ダイエット期間中に出来るだけ筋肉を落とさないように注意する事が重要です。更に、筋肉を活性化することで痩せやすい体質を作っておけば、リバウンドしにくいというだけでなく、引き締まった美しい体のラインを手に入れることが出来るでしょう。

recommend

自費出版を行う

Last update:2018/1/4